猫ちゃんのストレス解消に☆キャットタワーおすすめランキング

ホーム > キャットタワーおすすめ > 普段遊ばない猫でも楽しめるキャットタワー

普段遊ばない猫でも楽しめるキャットタワー

猫を飼っている人は年々増加しているようです。
昔は家と外を行ったり来たりする暮らしが当然のこととなっていましたが、現在はできるだけ猫は家の中で飼うことが求められています。
怪我や事故など猫自身に対しての身の安全の確保がその理由だということはもちろんですが、よその庭をトイレにして迷惑をかけるということにならないようにすることも非常に重要なことです。
動物を飼うということは責任が伴うということなので、他人に迷惑をかける飼い方はするべきではないでしょう。
また、猫はどうしても外に出たいわけではなく、安全な室内を自分のテリトリーとすれば充分に満足した暮らしができると言われています。
猫にとっても他人にとっても良い飼い方というのは完全室内飼いだということができるでしょう。


ただ、外には出さずに室内で暮らすことを続けることで運動不足が懸念されています。
猫は本来狩りをする生き物なので、狩りごっこが大好きです。
猫用のおもちゃを獲物に見立てて遊ぶことも運動になります。
また、走り回ったりするよりも上下運動を好む生き物だとも言われています。
そのために最適なのがキャットタワーだと言えるようです。
上ったり下りたりするだけでなく、ほとんどのキャットタワーには爪とぎもできるようになっています。
商品によってその形状は様々ですが、キャットタワーは何本かの柱や板などを組み立てて完成するものがほとんどです。
そして、その柱の何本かが爪とぎになっています。
爪とぎはストレス発散に最適だと言われているので、キャットタワーは上下運動に加えて猫のストレス発散にも役立ってくれているようです。


上下運動や狩りごっこが好きといった一般的に言われている猫の性質ですが、どんな猫にもそれが当てはまるというわけではありません。
中には遊ばない猫もいるでしょう。
人間がそれぞれ皆違うのと一緒で猫にも個性があります。
しかし、遊ばないからといって何も必要ないと言うことはできません。
運動不足を解消するためには、人間が率先して猫を動かしてあげる必要もあります。
キャットタワーは上ったり下りたりするだけでも充分な運動になります。
高齢の猫や太り気味の猫の中には高いところに上るのが苦手という猫もいます。
そんなときには背丈の低いタワーも今はたくさん販売されています。
普段あまり遊ばないうちの猫のことを心配しているようであれば、キャットタワーは最適かもしれません。
高さはあっても床面積はそう広くないので、設置場所はあまり困ることがないようです。
また、窓際に置けば猫の見張り台としても活躍してくれると言われています。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP